月別アーカイブ: 4月 2016

友人がチャットレディのアルバイトをしています

友人がチャットレディのアルバイトをしています。

若い女の子と話したい男の人は多いだろうなと思うので、「どんな話するの?」と聞くと「いや、脱ぐ」と一言。
「チャット」をする「レディ」で「チャットレディ」じゃないの……?

友人曰く、脱ぐか脱がないかは自由らしいのですが、脱いだ方が圧倒的に稼げるとのこと。
というより、脱いでいる人と脱いでいない人がいるので、お客さんは必然的に脱いでいる人の方に流れ、「脱がなきゃ稼げない」らしいです。
それ了承してやってるの?騙されたの?と思いましたが、「騙されたけど納得してる」らしいです。
なんでも、求人広告との違いはあったけど今は納得しているから別にいいということでした。

実際にそのバイトが載っている求人広告を見せてもらったのですが、条件がよすぎて妖しさ満点でした。
しかしよく見てみると「顔出し不要・脱がなくてOK」という記載があり、このあたり完璧にウソじゃんと友人自身も思ったそうです。

しかし実際面接をしてみたところ、「顔を出すなら脱がなくてOK、顔を出さないなら脱がなきゃだめ」ということだったらしいです。
言葉の綾といえばそうなのかもしれませんが、騙す気満々だしもうほぼ詐欺では?と思うのは私だけでしょうか?

面接はお店があるわけではなく普通のマンションの一室で行われたそうです。
仕事の詳細(というか真実)を聞き、プロフィールを記入・登録してお仕事開始、という流れだと言っていました。

仕事自体はチャットルームで待機し、自分の部屋に入ってきた男の人と話すことでお金がもらえるという仕組み。
しかし入ってきて10分くらい話さねばならず、その前に切られると無給とこのこと。
他にも出勤型だの待機時給だのあるそうですが、友人は完全在宅勤務です。

それでも、月に7、8万は稼いでいるので、副業としては満足だと笑っていました。

広告にはかなりおいしいことばかり書いてありましたが、実際はそうでもないようで。
それにめげない友人も肝が座っているというかなんというか。

「おいしい話には裏がある」の典型だな、と感じた話です。

チャットレディなら在宅でも高収入を狙えます

チャットレディの仕事をする最大の魅力や良さといえば、非常に短時間の勤務であっても非常に効率的に高収入を狙うことが出来ることです。

実際に面と向かって男性の人と話したり、華やかにドレスアップをして着飾ってきめ細やかな接客をこなしたりお酒を飲むのが苦手な体質な人でも、画面を通じての接客なので安心ですし、スキンシップに遭遇してしまったり、通勤の手間やライフスタイルの家族とのズレといったナイトワーク特有の問題に悩むこともなく、いつでも好きな時間にマイペースで働けて、なおかつ高い収入を狙えます。

チャットレディは自宅にパソコンがない場合や良い環境のインターネット回線が無い場合には、もちろん事務所などで通勤チャットレディとして勤務することも可能です。

ネットカフェのようなブースで仕切られていたり、非常にプライバシー性高いスペースで仕事出来ますし、カメラやパソコンなどの機材も常に最善の状態にセッティングされていたり、スタッフから手厚いサポートや指導を受けられたりもするので、チャットレディが全く初めての人や、チャットレディのスキルを高めたい人や、家族と同居していたり声を出せない環境に居る人は通勤として働くのも良い選択と言えます。

チャットレディでは主に男性のお客さんを相手にすることになりますが、相手の話を丁寧に聞いてあげたり、話が下手な人でも会話を広げるためには相手に積極的に質問を打ち出してみたり、なるべく笑顔で口角を上げて接客をするようにするとおすすめです。

カメラ映りが大切な仕事でもあるので、私はチャットレディする時には身バレ予防や変装も兼ねて、華やかなロングヘアーのヘアウイッグを使ったり、カメラ映りがよくなる濃い目のつけまつげを愛用したり、メイクではハイライトやアイシャドウやノーズシャドウを濃く入れたり、いつもよりメイクに気合を入れます。

机にはスタンドを置いてライトを顔に向けるようにしたり、肌のアラやくすみを光で飛ばすと美肌効果も高まりますし、カメラ映りも抜群に良くなり、全体的に華やかな雰囲気になるのでおすすめです。

待機中もあまり気を抜かず、喫煙することは避けたり、だらしない態度を取ったり下品な姿勢をしないようにしています。

結婚し家計を管理するにあたって

私は元々お金の管理にはしっかりしている方で、結婚前も必ず毎月の貯金は行い、計算しながら毎月の収支を考えていました。

しかしながら結婚前は実家にいたため、生活をするための家賃・水道光熱費・食費など具体的にいくらかかるかはあまり考える機会がありませんでした。

結婚し、家計の管理を任される上でまず始めの月においては二人分の食費がどれくらいかかるものなのか、どれくらいが使いすぎなのか、
収入の中で全てまかなえるのかどうかが不安で、もやしなど安い食材しか買えず、お肉についても少ない量しか買うことができませんでした。
今話をすると当時主人は毎日ご飯がお腹がいっぱい食べれなかったそうで、とても可哀想な思いをさせてしまったと思います。

初月は毎日食事を作り、二人分の朝昼晩の食費、勿論お米込で20000円かかりませんでした。
それに伴い、家賃、水道光熱費など必要なものを差し引いて、食費は月二人で30000円くらいで過ごすことができれば、
もう少し多彩な食材と量を買うことが分かり、今では不安なく買えるようになりました。

水道光熱費においても何に何がどれだけかかるかわからずにいたのですが、まず注目したのは水道代。
お風呂を沸かし、一日目入浴した後に、薬局で売っているお風呂用の錠剤を入れることで二日目も追い焚きで同じお風呂に入ることができ、
尚且二日目まで使ったお湯を翌日の洗濯に使うようにしました。
洗濯用のポンプも購入し、洗い・すすぎ共にお風呂の残り湯で行うようにしたら水道代がものすごく安くなりました。

今では洗いにおいてはお風呂の残り湯が温度もあるため汚れが落ちやすく活用していますが、
すすぎに関してまで残り湯を使ってしまうと、最後お風呂の垢等の汚れが付着してしまう可能性があるためすすぎは水道水で行うようにしています。

一番年間を通して反動がばげしいのがガス代です。
夏と冬では2倍変わってきます。

そこで冬のガス代の出費が高くなる時の追い焚きにおいて、二日目のお風呂を追い焚きする際にまず貯めてあるお風呂の水を半分抜くことにしました。
そうすることでその分足す水道代と、少ない水量を追い焚きするガス代の方が、すべてを追い焚きするより安く済むことがわかったからです。

このように家計を全て管理するようになってから、毎月必ずある出費に関してなるべく安く済む方法を模索し、知識をつけ今に活かすことができるようになっています。

副業でぼちぼちとお金を貯めているところ

やはりお金がないと何もできないって印象が強いです。

やりたいことを見つけるためにもやってみないと分からないですからね。そういう意味で個人的に自由にできるお金が必要だなって痛感しています。そこで数年前から副業をぼちぼちはじめています。副業は記事作成をやっていたりして、これが結構なお小遣いになっています。嬉しいことに、わざわざ指名して仕事をいただいたりするので、自分に合ってるのかな?って思うんですよね。

それに副業をやっていることで、それをブログにしてそこからも少しずつですが収益が上がってきているところです。まぁ、そこからお金がそんなに稼げなくてもいいかな?って思ったりもするところなんですけどね。でも、アフィリエイトリンクを貼っているのに、そこからは全然お金が生まれなくって困ってしまいます。だんだん欲って出てくるもので、少し収益をあげられるようにできないかな?って思ったりしているところです。

ここからは少し頑張って仕事をしないと稼げないなぁって思うので、本でも買ったりしないといけないかな、と。努力しないとやはりお金は稼げませんね。でも、ちょこっと心的には余裕が出てきたので、加速度的にお金も増えてきたところで自己投資かなって思ったり。そうやって上手にお金を使うことも覚えていかないとな?って思うばかりです。お金を上手に使って、さらに上手にお金を殖やしていきたいですね

無駄遣いを減らして、毎日お金の使い方をチェックしていきたいって思っています。

結婚後のお金と愛について

新婚当初は、夫婦間でお互いに思いやりや、優しさなど、基本は愛を求める事が多いんじゃないでしょうか。
けど、子供が生まれて数年経つと、お互いに求める部分が違ってきてしまうのが結婚生活。

旦那が嫁に求めるものは、気配りだとか癒しだったり、そんなに変わらないかもしれないけど、嫁が旦那に求めるものって、愛よりお金って事の方が多くなってしまう気がします。

それは、やっぱり主婦になると、今後子供に必要なお金、老後の心配など、数年、数十年先の事を考えるからです。
愛さえあればお金なんていらない。なんて考えは、現実ありえない言葉なんだと思います。

結婚前、OL時代に必死で貯蓄してきたお金、結婚してから出来るだけ使いたくないですよね。
本当なら、結婚して専業主婦になる予定だったけど、旦那の収入が低くて、生活費が足りない、貯金がまったく出来ない。となると、結局は嫁がパートに出なくちゃいけなくなる。

子育てしながら、家事もして、仕事もしての生活。
ストレスは溜まるし、夫婦間で喧嘩の原因はお金の事ばかり。
旦那の収入がよくて裕福な家庭でも、それはそれで他に喧嘩する理由もあると思うけど、殆どの主婦は常にお金の事ばかり考えてしまいます。

お金がないと心にも余裕が出ないので、日頃からイライラしてしまって、怒りっぽくなってしまいますよね。
幸せな家庭を築いていくには、思いやりや優しさも大切だけど、やっぱり、お金も大切。

ゆとりを持った心で、生活していきたいです。

生活のためにパートに出て、疲れた体で家事や育児をするよりも、子供に手がかからなくなった時に気晴らしで働きに出るって事の方が理想ですね。