結婚後のお金と愛について

新婚当初は、夫婦間でお互いに思いやりや、優しさなど、基本は愛を求める事が多いんじゃないでしょうか。
けど、子供が生まれて数年経つと、お互いに求める部分が違ってきてしまうのが結婚生活。

旦那が嫁に求めるものは、気配りだとか癒しだったり、そんなに変わらないかもしれないけど、嫁が旦那に求めるものって、愛よりお金って事の方が多くなってしまう気がします。

それは、やっぱり主婦になると、今後子供に必要なお金、老後の心配など、数年、数十年先の事を考えるからです。
愛さえあればお金なんていらない。なんて考えは、現実ありえない言葉なんだと思います。

結婚前、OL時代に必死で貯蓄してきたお金、結婚してから出来るだけ使いたくないですよね。
本当なら、結婚して専業主婦になる予定だったけど、旦那の収入が低くて、生活費が足りない、貯金がまったく出来ない。となると、結局は嫁がパートに出なくちゃいけなくなる。

子育てしながら、家事もして、仕事もしての生活。
ストレスは溜まるし、夫婦間で喧嘩の原因はお金の事ばかり。
旦那の収入がよくて裕福な家庭でも、それはそれで他に喧嘩する理由もあると思うけど、殆どの主婦は常にお金の事ばかり考えてしまいます。

お金がないと心にも余裕が出ないので、日頃からイライラしてしまって、怒りっぽくなってしまいますよね。
幸せな家庭を築いていくには、思いやりや優しさも大切だけど、やっぱり、お金も大切。

ゆとりを持った心で、生活していきたいです。

生活のためにパートに出て、疲れた体で家事や育児をするよりも、子供に手がかからなくなった時に気晴らしで働きに出るって事の方が理想ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です