友人がチャットレディのアルバイトをしています

友人がチャットレディのアルバイトをしています。

若い女の子と話したい男の人は多いだろうなと思うので、「どんな話するの?」と聞くと「いや、脱ぐ」と一言。
「チャット」をする「レディ」で「チャットレディ」じゃないの……?

友人曰く、脱ぐか脱がないかは自由らしいのですが、脱いだ方が圧倒的に稼げるとのこと。
というより、脱いでいる人と脱いでいない人がいるので、お客さんは必然的に脱いでいる人の方に流れ、「脱がなきゃ稼げない」らしいです。
それ了承してやってるの?騙されたの?と思いましたが、「騙されたけど納得してる」らしいです。
なんでも、求人広告との違いはあったけど今は納得しているから別にいいということでした。

実際にそのバイトが載っている求人広告を見せてもらったのですが、条件がよすぎて妖しさ満点でした。
しかしよく見てみると「顔出し不要・脱がなくてOK」という記載があり、このあたり完璧にウソじゃんと友人自身も思ったそうです。

しかし実際面接をしてみたところ、「顔を出すなら脱がなくてOK、顔を出さないなら脱がなきゃだめ」ということだったらしいです。
言葉の綾といえばそうなのかもしれませんが、騙す気満々だしもうほぼ詐欺では?と思うのは私だけでしょうか?

面接はお店があるわけではなく普通のマンションの一室で行われたそうです。
仕事の詳細(というか真実)を聞き、プロフィールを記入・登録してお仕事開始、という流れだと言っていました。

仕事自体はチャットルームで待機し、自分の部屋に入ってきた男の人と話すことでお金がもらえるという仕組み。
しかし入ってきて10分くらい話さねばならず、その前に切られると無給とこのこと。
他にも出勤型だの待機時給だのあるそうですが、友人は完全在宅勤務です。

それでも、月に7、8万は稼いでいるので、副業としては満足だと笑っていました。

広告にはかなりおいしいことばかり書いてありましたが、実際はそうでもないようで。
それにめげない友人も肝が座っているというかなんというか。

「おいしい話には裏がある」の典型だな、と感じた話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です